阿弥陀

  • 2013/10/21更新
  • dashareさん
  • 12
  • 2013/06/08投稿
  • 違反通知
中国で主流となりえなかった、南無阿弥陀仏 は日本では信じてはいなくても葬式に行くと圧倒的に日本では聖人といっても補足程度の中国製の 南無阿弥陀仏 と言ってますが、上海人に南無妙蓮華経と言うと ナムアミドボ のことだろうなんて言ってますが どれくらい言いだしっぺの中国では なんかの機会でも唱える信者がいるんでしょう。おおよその人数を教えて下さい。大体でもいいです。
このスレッドにコメントする
close
コメントを投稿する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
  • 1
  • 2013/10/21 00:00投稿
  • imanatsuさん
信長は武装した僧兵がいて堕落していた比叡山も焼き討ちしたが、明智光秀はふもとの天台宗が菩提寺であったが、信長を焼き討ちした寺は現在は移転したが本門法華宗の本能寺で 法華経の内でも只本門八品のみが本尊の南無妙法蓮華経であるとした門祖日隆上人が開いた寺だった。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 2
  • 2013/10/21 00:00投稿
  • imanatsuさん
本家の中国では阿弥陀は只の宗教であるが、日本ではなぜかJR京都駅隣にでかい寺があるが、本願寺派と言って、1466~1575年迄農民を主体にする一向一揆を起し大名の介在を防ぎ90年間自治迄したことがある国もある悪坊主らで もちろん住職蓮如らは日本刀も持っていて、信長がデビューした頃から10年以上苦しめたが、各地の城で負け始め降伏を認めなかった信長は虐殺しその後の、刀狩の秀吉 家康のころには、なんの武器も持てずすっかりおとなしくなり駄本尊派は政教分離するようになった。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 3
  • 2013/09/24 00:00投稿
  • imanustさん
ということは アジアから一歩引かせ完全に西洋かぶれとなり、先祖代々の旧正月をひっくりかえし完廃させ、自分も西洋人並のでかさ180センチに変身した責任者明治天皇が 勢いで世界一の短期集中参詣動員数ということで 2位が中国留学で梵語を持ち帰った漢字上手
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 4
  • 2013/09/22 00:00投稿
  • imanustさん
しかしなぜ遣唐使船で行っても 中国で海賊の嫌疑で足止めをくって しかも反抗からか、中国でもインド人僧を師匠とした、南無阿弥陀 でもなく南無妙法蓮華でもなく、そのインド僧からもらった名前 返照金剛 に南無を附け南無返照金剛 と自分を唱えさせる奴が新年参詣動員数では上位を占め 阿弥陀も南無妙法蓮華経もランクインしていないのでしょうか? それは常にメッカ以上の1位の三が日の動員数を誇る明治天皇が身長180センチと どっ近親世界では絶対にありえず。噂では陸援隊写真には明治天皇と書かれたものもあり 明治のどさくさの長州足軽出身伊藤らの陰謀ではないかとyoutube何人かが指摘していて、薩摩では黒熊に日の丸が付いたゆるキャラをヒットさせ日本中のコンテストでは1位となっています。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 5
  • 2013/08/16 00:00投稿
  • dashareさん
話が飛ぶが、鳩摩羅什 ほど偉大ではないが 香港映画で似たような話もあった2大三蔵法師と呼ばれる西遊記の玄奘三蔵の骨は日本軍が南京の兵器工場に進駐し、裏山に稲荷を建て砲台も造る為掘ったところ 立派な棺が出土し、多くの時代の貨幣や副葬品が出てきた。専門家が鑑定したところ 玄奘三蔵の遺骨であることがわかり、一部は中国に残し他は日本軍が持ち帰った。1955年仏教者の台湾での会議で返還要求があり半分を返還した際には空港で10万人に出迎えられたことがあった。また周恩来がインドに半分を返還した際には インド政府は
えらく喜び 新に玄奘寺を建造するほどだった。しかし末法時代以降の唯一の経は初代 三蔵法師 鳩摩羅什 が訳した妙法蓮華経であって、西遊記の三蔵法師ではない。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 6
  • 2013/08/14 00:00投稿
  • dashareさん
日本では阿弥陀の南無阿弥陀仏が信じてなくても、葬式読経ではNO1だが、
実際に中国へ遣唐使だの遣隋使で中国に行って学んだ僧はなく、禅宗で南無阿弥陀仏を唱える福建省の僧の隠元が徳川家綱に住職を頼まれ 明治まで京都の寺で代々中国人僧が住職をしていた。しかし浄土宗系では輸入本から法然も親鸞も中国の曇鸞を褒め契っているが、弘法は中国のインド僧 伝教大師は天台山ふもとの寺で少し学びその後天台山で法華経を修行したが、末法以降の唯一経なので、比叡山でははっきり教えなかった。そこから親鸞と日蓮が同時期に出たが、親鸞はもう普及していた、本だけからの阿弥陀を選び 日蓮は正当なルーツから初めて 南無妙法蓮華経 を唱え始めることになった。この本だけからのルーツということで、フルコピーの悪を回避出来 こちらから出向いて礼を言うことも不要らしい。


コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 7
  • 2013/08/12 00:00投稿
  • dashareさん
↑交通費以下のでした。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 8
  • 2013/08/12 00:00投稿
  • dashareさん
中国に伝教大師と同じ遣唐使船団で行っても 難波漂着した時 海賊の嫌疑で数か月上陸禁止となり 中国でもインド人僧に教えを乞い その時にもらった
遍照金剛の名で 未だに長州足軽陸援隊出身初代の次の正月参詣動員数で 南無大師遍照金剛と言わせていますが、やはり交通費以上の500円くらいは投げ込んでもらっているでしょう。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 9
  • 2013/08/05 00:00投稿
  • dashareさん
しかも 妙法蓮華経 如来神力品第二十一に説かれているとうり、本門八品の本尊の 南無妙法蓮華経 を繰り返し口で唱えれば唱える程 お釈迦様が法華経以前の経のように、嘘をつくわけがなく、経力によりご利益が頂けます。しかし自分の宗派では経を読むのは禁止というのは 信じるということだ第一からかも知れません。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 10
  • 2013/08/05 00:00投稿
  • dashareさん
草加は日蓮系と言っても 日蓮大菩薩を本仏釈迦牟尼仏を差し置いて本仏とし
浄土系が 阿弥陀仏を崇めるのに勝るとも劣らない考え違いをしています。
日蓮上人は初期には 天台沙門日蓮 と自称していたくらいで、たとえばお釈迦様がガスレンジとフライパンを用意して油も引いて下さり、天台大菩薩が材料を用意して日蓮大菩薩が料理したような感じで、いきなり無から多くの経で学習させ 最後は只1つの法華経のみが有効で その中でも只本門の八品だけが本尊となるように導いたのが本仏のお釈迦様です。それに気が付いたのが、天台大師と
日蓮上人です。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 11
  • 2013/08/04 00:00投稿
  • oJINさん
アショカ王碑文はインド及びその近隣地域で40数カ所見つかって居ます。
元々、仏陀が実在の人物であると比定されたのは、イギリス人考古学者James Prinsepが1837年に碑文を解読した事によります。特に、仏陀生誕地であるされるネパール領ルンピ二の碑文では、仏陀生誕地であるから租税を1/6減ずると宣言した事が書かれていました。
ところで、「150年ほどで」って、あんた何を言ってるのかね。 仏陀(ゴーダマ シッダッタ)の生誕年は未だにはっきりと分かっていません。タイでは仏歴2556年となっていますが、これで言えば西暦前543年の生誕となります。しかし、考古学及び碑文から推定されるのはそれより若干以前かと思われています。
さて、仏陀の生誕が今から2560年前として、アショカ王の治世と碑文はその後100乃至150年ほどと考えれています。

中国に仏教が伝播したのが、なんですって? 面白い事を言う人も居るもんですね!

それに、中国→日本に伝わって進化した? どこが進化したんじゃ! 仏陀の教えを意図的かどうかは別として、時の日本の坊主がその時々の民衆の注目を集め、金と権力を集中する為に、勝手に教義自体を買えただけの事。
現代も同じでしょ! 葬式坊主が戒名で多額の「お布施」を要求、創価学会が莫大な政治資金を会費なりでかき集めるのと同じですよ。その会費を集める為には、子供手当なり消費税の負担回避の為のばらまきを国会で決める。

日本の仏教は、仏の字を外すべきでしょう。仏陀の教えとはかけ離れた宗教(仏陀の教えは宗教と言うより「人の道」の探求だったものでしょ)なのに、仏教を名乗るとは恥ずかしい限り。 
真言宗「銭教」とかにしたら如何でしょうかね?





コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 12
  • 2013/08/04 00:00投稿
  • oJINさん
アショカ王碑文はインド及びその近隣地域で40数カ所見つかって居ます。
元々、仏陀が実在の人物であると比定されたのは、イギリス人考古学者James Prinsepが1837年に碑文を解読した事によります。特に、仏陀生誕地であるされるネパール領ルンピ二の碑文では、仏陀生誕地であるから租税を1/6減ずると宣言した事が書かれていました。
ところで、「150年ほどで」って、あんた何を言ってるのかね。 仏陀(ゴーダマ シッダッタ)の生誕年は未だにはっきりと分かっていません。タイでは仏歴2556年となっていますが、これで言えば西暦前543年の生誕となります。しかし、考古学及び碑文から推定されるのはそれより若干以前かと思われています。
さて、仏陀の生誕が今から2560年前として、アショカ王の治世と碑文はその後100乃至150年ほどと考えれています。

中国に仏教が伝播したのが、なんですって? 面白い事を言う人も居るもんですね!

それに、中国→日本に伝わって進化した? どこが進化したんじゃ! 仏陀の教えを意図的かどうかは別として、時の日本の坊主がその時々の民衆の注目を集め、金と権力を集中する為に、勝手に教義自体を買えただけの事。
現代も同じでしょ! 葬式坊主が戒名で多額の「お布施」を要求、創価学会が莫大な政治資金を会費なりでかき集めるのと同じですよ。その会費を集める為には、子供手当なり消費税の負担回避の為のばらまきを国会で決める。

日本の仏教は、仏の字を外すべきでしょう。仏陀の教えとはかけ離れた宗教(仏陀の教えは宗教と言うより「人の道」の探求だったものでしょ)なのに、仏教を名乗るとは恥ずかしい限り。 
真言宗「銭教」とかにしたら如何でしょうかね?





コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
このスレッドにコメントする
close
コメントを投稿する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
-PR-