三陽ゴルフクラブ
三陽高爾夫郷村倶楽部/Sanyang Golf & Country Club
submenu

最大の特徴は水。各ホールのレイアウト図を見てすぐに気づくのは、全てのホールが池がらみということ。水がこのゴルフ場を上海有数の難コースでかつ美しいコースにしている。

「難しい」という観点からまず挙げられるのが8番454ヤードミドルホール(ホワイトティからは409ヤード)。右サイドは池で、その池から流れるクリークがフェアウェイを横切り、左サイドに達した後方向を変えグリーンまでフェアウェイ左側を流れていく。ティーショットでクリークを超えるのにキャリーで210ヤード程。左右に少しでも曲げるとウォーターハザード入りである。アゲインストの風の中ではセカンドショットは200ヤードを超えることとなる。グリーン左はクリーク。奥は池。右はバンカーが待つ。

右池、左OBの5番ロングホールも難ホールとして有名だ。後半は右ドッグレッグで、右サイド池の内側はバンカーが続く。

「美しい」という観点からは、1番、3番、4番など。1番ホールは林の中のホール。上海のゴルフ場はたいてい木が育っておらず開けたところに作られているので、緑の多いこのホールは新鮮である。3番、4番はいずれもコースに隣接する金澄湖を望むことができる。3番はティーグランドからグリーンまで湖に沿ったショートホール。完全な吹きさらしなので風の計算が難しい。4番も湖沿いのホールで、グリーンが湖に突き出るようになっている。

オープン以来、しばしばコース改造がなされてきている。オープン当初はクラブハウス東側に一番ホールがあったが、現在はクラブハウス西側に一番ホールがある。以前はパー72だったが、16番がミドルからロングに改造されたことによりパー73になった。

先ごろ上海と蘇州を結ぶ蘇滬高速公路が一部開通し、その出口がコースのすぐそばにできたことからアクセスが大変便利になった。

台湾資本だが、日本人のメンバーも少なくない。コンペの際などは、事前に頼めばハワイから呼び寄せたというシェフが日本食も作ってくれるそうだ。宿泊施設もありゴルフパッケージならばかなりの低料金で利用することができる(二人でスタンダードルームに泊まった場合、宿泊・朝食・1ウランドで1人平日780元、週末1080元)。クラブハウスのスタッフもキャディーも教育が行き届いており気持ちがいい。

名物コース

名物ホール:4番ミドルホール

左側の澄湖の景観が美しいホール。短いが、ティーショット落ちどころにバンカーが複数待ち受けているので通常はバンカー手前に刻むことになる。

プラン料金・予約

プラン名 アイコン [説明] 料金 予約
平日基本プラン
\590CNY 予約
週末・祝祭日
\830CNY 予約

予約インフォメーション

共通インフォメーション

 

ゴルフ場データ

所在地 江蘇省蘇州市呉中区甪直鎮金澄湖畔 [地図]
電話番号 (0512)6501098
WEBサイト
設計 Time Design
ホール数 18
パー 72
距離 7160Y
ラウンドスタイル 乗用カート
練習場
宿泊施設
エクスプロア中国ゴルフ予約受付センター

お電話(日本語・中国語OK!)

※日本からは86-21-5851-5148

営業時間:平日09:00-18:00(土日祝日休み)

メール(24時間受付!)

即日回答を心がけておりますが内容により2,3営業日頂くことが御座います。

フォームメールはこちらから

-PR-