• 質問日:2013年05月23日 00時00分
  • 回答締め切り
Q.香港 銀行口座開設について
  • 回答数3
  • 知りたい0
  • 閲覧数411
  • 質問者: 過去の質問
  • 違反通知
香港にある銀行口座開設を考えています。

銀行はどの銀行でもOKなのですが
上海在住で香港にある銀行の口座を開設されたかたがいましたら
手続きのフローや、初期に入金した金額など教えていただければ幸いです。

また、日本への一時帰国などをしたくないので
できれば、上海にいながら口座を開設したいと考えております。

今回、口座開設の目的は
人民元を香港ドルで保有しておき、香港にある銀行で
管理をしたいと考えております。

また、今回の口座は、法人口座ではなく、個人の一般口座です。
プライベートバンクなど、富裕層向けのものではありません。


以上、宜しくお願いします。
過去の回答
  • 回答日:2013年07月09日 00時00分
先日、知人(日本在住者)が上海にてHSBCの個人口座を開設したいとのことで
つきあいました。
必要書類
・パスポート、運転免許証(住所が分かればそれ以外でも可)
初期預入額
・10万元もしくは相当の外貨・・・これは現金持参の場合、下ろした銀行の
 引き出し明細が必要。
 →今回は中国の別の銀行から振り込み(元)
 事前予約して9:30-11:30ごろまで約2時間掛りました。カードは当日発行。
ネットバンキング
・入金された元、外貨はネットバンキングでトランスファー、ペイメント
 可能。
手数料
・口座管理費:10万元を下回ると100元/月
・日本での引き出し:20元/回+引き出し額の1%、香港で作った場合、
 10元+1%は不要だったかと。

ただ別の人が書いたように香港ドルでの保存は、対人民元で一方的に目減り
しますので、必要時に両替、もしくは元口座からの振り込みが良いかと。
過去の回答
  • 回答日:2013年07月05日 00時00分
2007年に上海から香港に行って口座開設しました。
中国銀行(香港)です。
香港在住でなくても住所証明があれば大丈夫ということで、上海の最寄の派出所で臨時住宿証明をとり、日本領事館で在住証明を発行してもらって持参しました。
その場で開設でき、持ち込んだ人民元を両替して預けて、その後の運用はインターネットで可能でした。
おそらくこうした手順を踏めば日本に帰国する必要はないのではと思います。
銀行によってルールが違うようですし、現在では中国銀行でも別の運用になっているかもしれません。
個別に銀行に問い合わせされることをお勧めします。
過去の回答
  • 回答日:2013年05月23日 00時00分
香港IDないと、かなり面倒です。しかも香港行かないとなれば尚更。
で、香港人ですら元立て預金する時代です。
港幣はみるみる対元レートを落とし、定期預金の利率も含めれば、
元にくらべ年5パーセント近くの目減りの可能性も。
理由を教えていただければ、もっといい方法も考えられるかと。
-PR-