離婚率

  • 2013/01/24更新
  • weiylongさん
  • 9
  • 2013/01/22投稿
  • 違反通知

 中国の大手ポータルサイト『SOHU.com』が行った調査によれば、中国では既に離婚率が40%を上回っているそうです。

 私の手元には、公式統計データーとしては中国民生部民政事業発展統計報告の09年までのものしかありませんので、「上回っているそうです。」としましたが、00年に121・2万件であった離婚件数が09年には246・8万件と報告されていますし、08年の226・9万件と比べても前年比8・8パーセントと経済成長目標を上回る勢いで増加していますので、調査内容については十分に得心できると思っています。

 夫婦関係を維持するためには、相互の理解や思いやりが必要不可欠に思いますし、それをもって「愛」と呼ぶのだとも思いますが、《自分さえよければ》のミーイズムが常識となっている現代中国では、離婚した夫婦のうち、3分1が結婚して5年以内に離婚しているという報告にも頷くことができます。

 離婚原因の多くとして目につくのが、「セックスが合わない」、「金の切れ目が縁の切れ目」、「女房が旦那のお金を騙し取ろうとする」といったような事由です。

 「セックスが合わない」は、日本では「性格の不一致」として処理される離婚事由なのでしょうが、「羞恥心」という行動原理を持たない現代中国人にしてみれば直接的な表現になるのでしょうね。

 何れにしても、これらの離婚事由には、現代中国人の「我欲」「自利」といったような本質的な行動原理が顕れていますので、更なる得心をしています。

 みなさんはどのように思われますか。
このスレッドにコメントする
close
コメントを投稿する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
  • 1
  • 2013/01/24 00:00投稿
  • weiylongさん

boatさんの中国人とのお付き合いは、相当なものが有るのでしょうね。

 「割に合わない」は、中国人の本質を見抜いた至言と思い敬服しています。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 2
  • 2013/01/24 00:00投稿
  • weiylongさん

オリンピック前後から万博にかけては、巷の麻雀室を含めていたるところで立ち退き保障がらみの戸口操作についての情報交換がなされていましたし、最近ではあまり耳にしないようになりましたが、それでも現に我が相棒の母親は、自宅は賃貸として私と同居しているのですが、戸口は噂だけで未だに再開発されていない山陰路の祖母宅に置いています。

 しかも、山陰路の家屋名義人である祖母といえば、同居していた三男坊の嫁家族と折り合いが悪く、何故か気に入られた私と同居しています。

 三歳で実母を無くした私としては、世話好きで話好きな三代と同居することは、それはそれである種の満足感に浸ってはいるのですが、日本に帰国時の放蕩振りを反省させられるにつけ、実際には単なる言い訳方便にすぎない別種の感情を口に出しては相棒からの顰蹙をかっています。

 ところで、私としては現代中国人には、良し悪しは別として、日本人にして言うインチキとか偽装といったようなことに関する羞恥心とか罪悪感は存在しないと思うのですが、皆さんはどう思われますか?

 
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 3
  • 2013/01/24 00:00投稿
  • luwanquさん
現代中国人がそういう傾向にある、という見方は違うような・・・
やはり、これは中国4000年の歴史、受け継がれてきたDNAだと思っています。

昨日のニュースで5000円の偽商品券が大量に使われた、とやっていました。
非常に精巧なものなんですが、2つ、チトおかしい部分があって、
それでニセモノと後で分かったとか。
その一つは、利用店の情報として「パルコ」が「バルコ」になっていたこと。
「PA」が「BA」になっていたこと。
もう一つは「店舗」の「舗」の字が、簡体字になっていた。
コレ見て、ああ、中国人の仕業だな、と。
ニュースではその推量は言ってはいませんでしたが、まずそういうことなんでしょう。

14年の上海生活から、横浜生活に切り替えたのは、
娘が高校は日本がイイと言い出したからなんです。
当初、ICU(国際キリスト教大学)の高校を目指したんですが、
ここは、帰国子女枠で受験するには帰国子女である証明に
イロイロな書類を揃えなくてはならない。
それを揃えるのは難しいので、結局ココは諦めたんですが、
それらの書類を準備するにあたって、
既にICU高校に入学してる子女の中国人ママ、2・3人から、
情報を得たところ、皆さん、ニセ書類で切り抜けてるのが分かりました。
いやぁ、そうだろうな、中国人だったら、そうするだろうなと、改めて大いに納得。

また、新宿の都立の国際高校を目指してる子供の上海人母親は、
自分らは結構金持ちで裕福なんだけど、生活保護を受けてる、って言うんです。
いやぁ、そういうこと平気でするよな、中国人ってのは、
とこれまた改めて大いに納得。

中国人には負けます。

中国人には「みっともない」とか「世間様に顔向けできない」
という意識は全くないですからね。
逆に、日本人は、そればかり気にし過ぎる、変な縛りに締め付けられていて、
自由に生きていない。
その逆に、中国人は自由過ぎる。
街なか歩いていて、中国人は自由過ぎる、
日本人は整然としていて秩序正しく、自由でないなと感じることが多い私は、
もう、どちらかというと中国人モードなんでしょう。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 4
  • 2013/01/24 00:00投稿
  • weiylongさん

安徽省生まれで、暁の燕という優美で思わしげな名前を持つ女性と偶然にも上海で再会しました。

 彼女とはバブル華やかし頃、私の以前の職を通して知り合ったのですが、行き掛りとして身上についてもかなりのところを把握しています。

 彼女は25歳にして中国で3度の離婚を経験し、30歳にして日本でも2度の離婚を経験していました。

 しかし、私が驚かされたのは離婚回数の多さではないんです。

 彼女は当時でも三人との愛人関係がありました。

 以後、日本と中国でそれぞれの再婚をしているのですが、彼女曰く、弛まぬマーケッティング努力により、人変われども常に三人との愛人関係は保っていたそうです。

 因みに彼女の哲学によれば、婚姻や愛人関係はビジネスであり、セックスは商品、故に利益の最大化を図る為には、離合集散や契約破棄は必然かつ合理的手段なのだそうです。

 それにしても、人変われども常に三人との愛人関係を保つというのは、凡人の私にしてみれば至難の業のように思えるのですが、彼女曰く心理操作をする上で三人が最も好ましいそうです。

 彼女の本質的な考え方には、典型的な日本人であると自負する私にとって、割り切ることのできない忸怩たる思いも有るのですが、先日、食事会のお誘いに伴い、彼女の愛車であるベントレーで迎えに来てくれた実情を知る彼女の実弟から、金利収入だけでも年に1000万元は下らないと誇らしげに聞かされ、更なる忸怩と共に正直言って微かには妬み心も持ちました。

 人生、人それぞれと改めて思っています。

 

 
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 5
  • 2013/01/23 00:00投稿
  • boatさん
老後の年金や健康保険が頼りにならない、農村戸籍の女性で、かつお見合い結婚なんかした30代以上は、超現実にならざるを得ませんね。
稼ぎの悪い旦那はさっさと見切って、小金持ちの情人は当たり前です。
SEXが合わないのではなく、SEXが割りに合わないのでしょうね。

笑貧不笑娼!(貧乏は笑われるけど、金持ちの2号は笑われない)

まあ、仮面夫婦の日本社会より、よっぽど健全かもしれませんね。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 6
  • 2013/01/23 00:00投稿
  • luwanquさん
インチキ離婚も多いのかも・・・
つまり、「金」に絡んだインチキ離婚です。

私のカアちゃん(上海人)の兄夫婦は、そのインチキ離婚をしました。
そのあと、また結婚して、暫く経って、今度はホントに離婚。
つまり離婚を2度したということです。

なぜインチキ離婚をしたかと言うと・・・
兄嫁が一旦籍を抜き、もとの戸籍に戻すためだったんです。
兄嫁の実家の家が再開発で数年後に立ち退きにあうことが
分かり、じゃあ、籍を戻して、戸口を増やそうとなったのです。
戸口が多いほど、立ち退きに伴う補償金が増えたり、
あるいは代替住居の面積が増えるからです。

もう一つは、カアちゃんの周りで、何度も起こっていたり、
私も見聞きしてることですが、
金を持ってそうな日本人と結婚するために、一旦、離婚する、
ということです。
そして日本人と結婚したら、金を上海の元家族に毎月送金する。
数年経ったら、日本人夫から逃げて、上海に戻り、また元夫と結婚する。

つまり、中国人は、金のためなら、簡単にインチキ離婚をする、
ということですね。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 7
  • 2013/01/23 00:00投稿
  • Bowさん
インチキ離婚か・・・ うん、説得力ありますね。

再開発などで戸口が多いほど保証金が多いとか、聞いたことがあります。
その為に一時的に離婚するなんて・・・
まぁ、後は不動産投資で複数の家を購入するため、ワザと離婚するなんて話もあったっけ。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 8
  • 2013/01/22 00:00投稿
  • Bowさん
一人っ子政策で女性が少ないらしいですからね。女性は限られた期間しか子供を作れない。男余りで女性が選べる立場にあるからこそ、満足出来ない旦那の子、一人しか産めない子は作りたくないって事では?一人っ子政策が緩和されれば、多少変わるかな。

それと結婚できない男ってどんどん増えて行くんだろうな。。。
近い将来、日本のように、外国の女性とお見合いして結婚ってのもあるかも。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
  • 9
  • 2013/01/22 00:00投稿
  • weiylongさん

地方では、かなり以前から優遇特措として有名無実化していますし、都市部においても逆ピラミッド少子化対策として、近年は二人までは無条件、以降は緩和されていると聞いていますので、産児制限と離婚率とでは相関は薄いのではないでしょうか。

 私としては、仮に相関的影響を持つ政策が有るとしたならば、その筆頭は男女均等就業ではないかと思っています。

 職=自立 無職=依存とした考え方です。
コメントへ返信する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
このコメントへ返信する
このスレッドにコメントする
close
コメントを投稿する
お名前:
内容
個人情報や、著作物の転載、誹謗中傷などの投稿は行わないようにお願い致します。皆様が気持ちよくご利用頂ける様にご協力をお願い致します。
-PR-